FAQ

 

よくあるご質問

フューチャーセッションとは?

フューチャーセッションは、現場の多様なステークホルダーに加え、想像力を働かせて「未来のステークホルダー」も招き入れることで、創造的な関係性を生み出します。お互いが尊敬の念をもって傾聴し合い、未来に向けての「新たな関係性」と「新たなアイデア」を生み出します。その結果として、それぞれのステークホルダーが認識と行動を変化させ、協力してアクションを起こせる状況を生み出します。 参考文献「フューチャーセンターをつくろう」(プレジデント社), 野村恭彦 著

有識者会議との違いは何ですか?

フューチャーセッションは、意思決定や合意形成のための場ではなく、つねに問いを開き続けることで、参加者自身が目的を創り出し、主体的に実行することを促す創意形成の場です。いわゆる有識者会議とは異なり、一部の専門家ではなく、より広範なステークホルダーが参加するところに特徴があります。参加者同士が対話し関係性を構築することで、協調的なアクションを引き出す。その結果、一見対立する意見を持ったグループ同士が協力し合うことができます。

どのようなテーマを扱うのですか?

複雑な問題の解決に向けたアクションを支援します。フューチャーセッションが必要とされる最大の要因は、「複雑な問題」にあふれている現在の社会環境にあります。複雑な問題とは、人間関係、地域間・世代間の格差などの矛盾があり、一つの最適解が存在しない問題を指します。 現代社会が抱える問題、たとえばエネルギー問題にしても、少子高齢化問題、ワークライフバランス、格差問題など、あらゆる問題が、多数の要因が複雑に絡み合った問題であり、最適解が存在しません。だからこそ、対話と協業によって、当事者が考え方や態度を変えなければ解決できません。 フューチャーセッションズは、このような複雑な問題を解決するために、自らがイノベーションの促進者として、多様なステークホルダーを招いての対話と協業の場を多数立ち上げています。

フューチャーセッションのファシリテーションをお願いすることはできますか?

フューチャーセッションズでは、フューチャーセッションをコアとした企業や行政、地域のイノベーション創造に向けたプロジェクトや、自分たちでフューチャーセッションを実施できるようにするプログラム提供をメイン業務に行っております。その他にも組織変革としてフューチャーセッションを導入したり、シンポジウムなどの講演会をセッション形式に企画して運営するなど、多様な要望に応えていますので、まずはお気軽にご相談ください。

フューチャーセッションを実施してみたいのですが?

フューチャーセッションズでは、ご依頼いただいた内容に合わせ、プロジェクト化していきます。その中で、我々が主体となってセッションを実施することもあれば、お客様がご自身でセッションを実施できるようにプログラムを提供する場合もあります。自分たちでフューチャーセッションを実施できるように、ITプラットフォーム「OUR FUTURES」を提供しています。あわせて、より質の高いセッションを実施できるよう「イノベーション・ファシリテーター」の研修なども行っております。

フューチャーセッションに参加してみたいのですが?

日本全国で行われている様々なフューチャーセッションは、ITプラットフォーム「OUR FUTURES」から検索、参加登録することができます。公開されているものの中から、ご自由に参加していただくことが可能です。「OUR FUTURES」のFacebookページtwitterでは、セッションの更新情報をお知らせしていますので、フォローしてみてください。

btn_close
Dialogue + Action = Innovation
bg_star1
bg_star2
0_0_bg 0_0_pri 4_0_pri1
 
0_0_hall 1_0_pri
 
 
1_0_pri_ol 0_0_soc 1_0_hall2 1_0_hall 4_0_hall1 0_0_lib1 1_0_lib 1_0_soc
 
1_0_soc2 4_0_lib1 0_0_lib3 1_1_hall 4_0_hall2 f_soc 1_1_pri 1_1_soc 0_0_socwall 4_0_soc1 2_0_lib
 
2_0_hall 2_0_pri 2_1_hall 3_0_center
 
f_center 2_1_center 4_0_center1 f_lib f_pri 4_0_lib3 4_0_pri2 4_0_soc2 0_0_lib2 0_0_tree 0_0_baloon 0_0_plane fin