NEWS

 

当社は、2019年8月5日開催の取締役会において、自治体・企業・市民団体によるセクター横断の協創により地域経済のエコシステムを再構築する、当社の「プラットフォーム事業」を会社分割(簡易新設分割)し、新設する「Slow Innovation株式会社」に承継することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.会社分割(新設分割)の目的

当社は、2019年8月5日開催の取締役会において、地域経済のエコシステムを再構築する「プラットフォーム事業」を会社分割により、新設する「Slow Innovation株式会社」に承継することを決議いたしました。 当社は設立当初から、未来思考で複雑な問題を解決するために、人と人との対話による新たな発見を生み出す先端的な手法を基軸として、企業を中心とした新価値創造市場と、地域社会や個人活動を中心とした社会的対話市場の両面から社会システムの変革を試みてまいりました。 こうした事業活動はお客様からの深い信頼を得ながら順調に成長を続けてまいりましたが、本会社分割は今後の更なる発展を目指して、各々の異なる事業特性に合わせた最適な経営形態への転換を行おうという結論とその決議に基づくものです。

新設するSlow Innovation株式会社は、「渋谷をつなげる30人」をはじめとする各地域での「つなげる30人(Project30)」プログラムを推進するとともに、自治体の市民協働・政策形成・まちづくりの支援、さらには地域単位でのイノベーションが求められる持続可能な観光(Slow Tourism)・モビリティ(Slow Mobility)・エネルギー(Slow Energy)などを通しての地域づくりを、ノンプロフィットの社会参画モデルに基づき進めていきます。 その結果、「人と関係性を大切にした新しい社会の形」を地域のステークホルダーとともに「ゆっくりと」実現していきたいと考えています。

なお当社は今後共、お客様のあらゆるバリューチェーンの局面で、オープン・イノベーションをめざす組織に対し、高品質なステークホルダー管理と対話テクノロジーを提供するリーディング企業として、さらに発展・強化してまいりますと共に、ビジネスモデルも拡張し、戦略構築からサービス開発・運用、社会実装までを一貫してサポートしていく会社を目指してまいります。 今後、当社とSlow Innovation株式会社の2社は、それぞれがさらに発展し独自の進化を遂げながら、より大きな社会変革の目的を共有することによって相互の連携するプロジェクトを増やし、「すべての人々がセクターの壁を越えて、よりよい未来を創れるようにする〜そのための革新的な方法論とサービスを生み出し続ける」という目的をグループとして達成していきたいと考えております。

詳しくはPDFをご参照ください。


btn_close
Dialogue + Action = Innovation
bg_star1
bg_star2
0_0_bg 0_0_pri 4_0_pri1
 
0_0_hall 1_0_pri
 
 
1_0_pri_ol 0_0_soc 1_0_hall2 1_0_hall 4_0_hall1 0_0_lib1 1_0_lib 1_0_soc
 
1_0_soc2 4_0_lib1 0_0_lib3 1_1_hall 4_0_hall2 f_soc 1_1_pri 1_1_soc 0_0_socwall 4_0_soc1 2_0_lib
 
2_0_hall 2_0_pri 2_1_hall 3_0_center
 
f_center 2_1_center 4_0_center1 f_lib f_pri 4_0_lib3 4_0_pri2 4_0_soc2 0_0_lib2 0_0_tree 0_0_baloon 0_0_plane fin