プロジェクト事例 PROJECTS
スポーツチーム
山口市「人生100年時代を楽しむ21の幸せ地域拠点づくり」

〜地域スポーツ資源を活用した多世代交流・健康増進の取り組み〜
スマートシティ「山口市」xJリーグクラブ「レノファ山口」のつなぐ力で、スマート“ライフ“シティづくり

概要

プロジェクト期間
2020年〜継続中
課題・背景
地方自治体が持つ"地域の人が集まる場所"でスポーツを楽しめる環境を創ることで、市民の幸福や生きがいを創出できるか?
支援内容
プロジェクトファシリテーション、ステークホルダーエンゲージメント、スポーツ共創施策支援、組織開発
体制

プロジェクトオーナー:田上悦史(フューチャーセッションズ)
上井雄太(フューチャーセッションズ)

山口市では、医療・介護、子育て、防災、交通、環境など、生活全般のあらゆる領域で、ICTなどのデジタル技術を活用して、市民の一人ひとりの暮らしの向上を図り、安心して住み続けられるまちづくりを進める「山口モデル」のスマートシティの実現に向けて、取組を進めています。
2020年9月に「山口市スマートシティ推進協議会」を設立し、「地域」、「産業」、「行政」分野において、時代の潮流を捉えながら、地域課題の解決や新たな価値創造を図るために、スマートシティの推進に向けた取組の検討を行なっています。中でも、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するレノファ山口FC、維新みらいふスタジアムなど、地域スポーツ資源を活用した「スポーツ交流まちづくりプロジェクト」は、スポーツ、観光、人材育成などの多面的な分野において、新価値創造や経済循環が生まれる「好影響・好循環」の対流型のまちづくりを可能にするプロジェクトとして、市民の健康や生きがいに関わる重要な役割を担って行くと考えています。

株式会社フューチャーセッションズは、山口市、レノファ山口FCとともに、本プロジェクトのパートナーとして、プロスポーツのリソースを活用したまちづくりに向けた戦略策定、事業計画作成等のサポートを行い、地域内外のステークホルダーとのコラボレーションやコミュニティの形成及び育成、まちづくりにおける担い手を生み出す公民連携のプラットフォーム及びコンテンツ作りに尽力して参ります。

ストーリー

株式会社フューチャーセッションズは、よりよい世界をつくるためのクロスセクター対話を仕掛けるシステムチェンジャーとなることを目指しています。社会や企業の中で制度疲労が起きて持続可能性が担保できていない領域において、対話による集合知を持って、人々の価値観の変革を促します。
また、ハーバード大学のエリカ・チェノウェス教授が提唱するコミュニティの3.5%の人が動けば社会は変えられるという法則に則って、ステークホルダーとともに、プロジェクトに応じたクロスセクター母集団に対して、変革を働きかけて行きます。

―このプロジェクトによって起こしたいシステムチェンジは?
時代に合わせたITインフラの整備を可能とするスマートシティの実現は、地域にある行政が所有する施設にも多様な可能性を生み出します。行政、地域のスポーツクラブチーム、そして民間の力を活用してクロスセクターで取り組むことで、システムの導入だけでなく、市民の健康や生きがいにつながるコンテンツの提供など、市民の一人ひとりの暮らしの向上を図り、安心して住み続けられるまちづくりを進めて参ります。

―このプロジェクトで変革を起こしたいクロスセクター母集団は?
住民とスマートシティ化を目指す全国の地方自治体と地域振興を支えるスポーツチーム・クラブの皆様

―このプロジェクトによって生み出される価値観の変革とは?
今までもスポーツをすることができる行政施設はありましたが、地域のサークルや団体など、一部の市民が使用する場所であり、誰もが広くスポーツを楽しむ場としては認識されていませんでした。
スマートシティの実現により、“見るスポーツ”、“するスポーツ”がより身近になり、スタジアムや体育館だけでなく、市内に21箇所ある拠点となる施設において様々な形でスポーツと関わり合うことができ、楽しめるようになります。「人生100年時代」と言われる今、スポーツの価値を多面的に活用することで多世代が健康に幸福に暮らすことができるまちづくりを実現します。

―プロジェクトの歩み
【2020年】
山口市、レノファ山口FC、株式会社フューチャーセッションズで、スポーツの価値を活用したまちづくりについて意見交換を重ねる。
「人生100年時代を楽しむ21の幸せ地域拠点づくり」構想を立案。

 

 

プロジェクト参加メンバー PROJECT MEMBER

PROJECTS INDEX