プロジェクト事例 PROJECTS
スポーツチーム
スポーツの社会的影響度を可視化「Sports Social Impact Lab」

スポーツによる地域貢献活動のインパクトアセスメントシステムを確立することで、様々な共創プロジェクトを支援

概要

プロジェクト期間
2019年11月〜継続
課題・背景
スポーツクラブ/チームの実施する地域貢献活動は、社会やステークホルダーにどのような価値を届け、クラブ/チームへどのように還ってきているのだろうか?
支援内容
自社開発プロジェクト
体制

プロジェクトオーナー:田上悦史(フューチャーセッションズ)

より多くのステークホルダーがスポーツの価値を活用した地域貢献活動を積極的に行うことができ、スポーツチーム・クラブが多面的にその価値を評価される社会の実現を目指して、「Sports Social Impact Lab(スポーツソーシャルインパクトラボ)」では、押見大地氏(東海大学体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科講師)、山口志郎氏(流通科学大学人間社会学部人間健康学科准教授)、福原崇之氏(北海道教育大学芸術・スポーツ文化学科准教授)と共に、「社会的投資収益率(以下、SROI: Social Return on Investment)」の考え⽅を⽤いて、経済的価値だけでなく、活動によってもたらされた社会的価値(社会的インパクト)も定量的に評価し、社会貢献活動に関する費用対効果を算出するSROI算出モデルの構築に取り組んでいます。まだ日本では非常に取り組みが少ないエリアでもあるソーシャルインパクトアセスメントシステムを確立することで、様々な共創プロジェクトを支援していきたいと考えます。

最初のモデルケースとして、Jリーグ・松本山雅FCの普及事業を担う特定⾮営利活動法⼈松本⼭雅スポーツクラブの協⼒のもと、松本山雅FCの実施するホームタウン活動の一つである、地域の子どもたちにスポーツの楽しさを伝える巡回サッカー教室の社会的価値効果測定の実証を実施し、本活動のSROI値を算出に成功。この実証結果については、2021年3月に開催された「日本スポーツマネジメント学会第13回大会」にて発表されました。

ストーリー

株式会社フューチャーセッションズは、よりよい世界をつくるためのクロスセクター対話を仕掛けるシステムチェンジャーとなることを目指しています。社会や企業の中で制度疲労が起きて持続可能性が担保できていない領域において、対話による集合知を持って、人々の価値観の変革を促します。

また、ハーバード大学のエリカ・チェノウェス教授が提唱するコミュニティの3.5%の人が動けば社会は変えられるという法則に則って、ステークホルダーとともに、プロジェクトに応じたクロスセクター母集団に対して、変革を働きかけて行きます。

―このプロジェクトによって起こしたいシステムチェンジは?

効果を測定することが難しく、コストセンターとされて来た社会貢献活動の効果を可視化できるシステムの構築に取り組んでいます。それによって、社会貢献活動を収益施策と捉えることが可能になり、より多くのステークホルダーが積極的に活動に取り組み、地域や社会への提供価値が増え、結果としてスポーツチーム・クラブ自身の価値も上がるようなシステムチェンジを起こすことを目指しています。

―このプロジェクトで変革を起こしたいクロスセクター母集団は?

コンテンツホルダーを中心とした、スポーツ産業界。

―このプロジェクトによって生み出される価値観の変革とは?

社会貢献活動、地域貢献活動の効果を測定することで、活動がもたらす多面的な効果を可視化することが可能になります。例えば、活動の効果として、チーム/クラブのブランド形成、チーム/クラブへの愛着心の形成、関係者の業務に関連したスキルや意識の向上等の無形価値もあれば、関連サービス利用の増加、地域経済の活性化など、経済価値の創出もあります。

社会貢献活動に関する費用対効果を算出するSROI算出モデルが構築され、より多くのステークホルダーに活用されることにより、戦略的な地域貢献活動の展開が可能となります。社会への利益還元の拡大はもちろん、ステークホルダーの事業利益へ繋げることも可能となり、今まで考えられていた社会貢献活動、地域貢献活動の価値観は大きく変わっていくと考えます。

・〜スポーツの社会的価値を可視化する初の実証実験〜 NPO法人松本山雅スポーツクラブが実施する巡回サッカー教室のSROI値(社会的投資収益率)を算出(2021.03.17)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000037790.html

・スポーツの社会的影響度を可視化する、「Sports Social Impact Lab」始動!(2020.11.12)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000037790.html

プロジェクト参加メンバー PROJECT MEMBER

PROJECTS INDEX